採用サイトを作ったものの有効に使えていないと感じている企業様は多くなっています。
採用サイトは、自社での求職者母集団形成や求人広告・人材紹介会社からの応募促進、入社承諾、入社後のギャップによる早期退職の軽減の効果など、あらゆる場面で重要になるツールではありますが、人材不足が深刻化する昨今、採用活動は激化し、単に採用サイトを作って公開しておくだけでは理想の人材を獲得するのは難しい状況となっています。

人材採用を成功させるためには、
転職潜在層を含め、「誰をどのように集めるのか」といった導線戦略と「興味を持ってもらった求職者に対しどのように応募促進するか」といった受皿の部分の双方を戦略的に行っていく必要があります。

しっかりとマーケティングの要素をおさえた採用活動を展開していく必要があるのです。

人材紹介会社や転職サービスに優秀な人が集まり難くなってきている

これまで採用活動と言えば人材紹介会社や求人媒体に依頼するのが一般的でしたが、
昨今状況は変わってきています。

まず優秀な人材が人材紹介会社等の転職サイトを活用しなくなってきているという背景があります。
優秀な人であればあるほど、具体的に転職を考え始める前段階から知り合いから直接誘いの声がかかるものですし、
自身で情報をサーチして良いところのあたりをつけておくものです。

常に現在勤めている会社でのキャリアパスと外に出た場合とのキャリアパスを天秤にかけている方も多く、
待ちの姿勢では良い人材が採用できなくなりつつあります。

そのため、希望する人材を採用していくためには、転職エージェントや求人広告を利用した情報発信だけでなく、
自社が求める人材に対して、転職を具体的に考え始める前段階の転職潜在層のうちからアプローチしメッセージを発信していく姿勢が必要となります。

採用手法は多様化しており情報発信はしやすくなっている

ご存知の通り、近年採用手法は多様化しており、採用がうまく行っている企業は一つのチャネルだけを利用するのではなく様々な手法を駆使して採用を行っています。

SNSやリアル接点を用いて直接求職者にアプローチする手法を取り入れている企業も増えています。
職種によってはSNSを活用して情報収集する傾向が強い分野もありますので、こうしたものを活用し、転職エージェントや求人媒体等の業者を介さず、自社での直接採用を強化する動きも顕著です。

人材紹介会社だけに頼るのではなく、
様々なツールを駆使して転職潜在層・顕在層へ自ら情報発信を行い、自社での直接採用を強化している企業が最近ではうまくいっています。

こうした背景もありマーケティングの考え方を採用活動に取り入れていく必要が出てきているのです。

マーケティング要素を取り入れ自社採用を強化することで、採用コストも結果的に抑えられ、ノウハウも蓄積されていきます。
今後も採用難の時代は続いていきますので、この機会に是非自社での情報発信や採用強化に努めてみてはいかがでしょうか。

当社では、採用サイトの構築・改善から応募者の母集団形成の確保までお手伝いさせていただいております。

人材紹介会社向けの集客支援も行っており、
そうした知見・ノウハウを活用して貴社の求職者確保のためのお手伝いをさせて頂いております。

採用強化に興味のある方は以下よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ