ゲームディレクターに求められるスキルとは?年収の高いゲームディレクターは何が違う?

ゲームディレクターの仕事とは?

まずは、ゲームディレクターがどのような仕事をしていくのか簡単に解説します。基本的にディレクターがやる仕事は以下のようなものになります。

・プロジェクト指揮
・ゲーム設計
・人員計画、見積もり、計画
・プロデューサーとの協議
・トラブル対応

ゲームディレクターは、ゲーム制作現場のリーダーでありトップに立つ役職の事を指します。ゲーム制作には色々な役職の人がチームとなって進みます。プランナーにプログラマー、グラフィックデザイナーなどなどです。それらをまとめ上げ、引っ張っていくのがディレクターの仕事という訳です。

会社やスポンサーから与えられた期間と予算で、自分の理想のチームやゲームを制作し、それをリードして成果を上げる必要があります。そういった責任も全て背負ったやりがいのある仕事とも言えますね。

ゲームディレクターに必要なスキル

ゲームディレクターになるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか?特に必要なのは人間性!?
ゲームディレクターのスキルについて簡単に紹介していきたいと思います。。

資格は必要ない

ゲームディレクターになるために、特別な資格を取る必要はありません。もちろん、ゲームの知識や制作の手法、マーケティング能力は必要ですが、それらは働いていたら自然と身に付いていくものです。

必要なのは人間性

そんなゲームディレクターにとって、最も必要なスキルは人間性でしょう。前述した通り、ディレクターはチームを引っ張る存在です。そんなチームの中心人物が上手く仕事を回せなかったり、メンバーとのコミュニケーション不足などを引き起こしてはプロジェクト自体駄目になっていくでしょう。

仮にメンバー間や提携企業間でのトラブルや、ミスなどの修復にもディレクターが対応しなくてはいけません。しかし、トラブルが起こらないように予防するのも仕事です。メンバーのスケジュール管理や話し合いなどをして、トラブルやミスが起こらないように徹底する事が大事なのです。

リーダーシップがあって、誰もが頼りにしたくなる人物こそゲームディレクターに向いていると言えます。そのため、入社したての新人がディレクター職に就ける事はほとんどありません。まずは、会社内での評価を上げていく事がディレクターへの近道です。

当たり前だが企画力や発想力も必要

ヒットにつながるアイディアや企画・構成力はとても重要です。
ゲーム業界全体のトレンドを見ておくことはもちろん重要なのですが、ゲーム業界だけではなく、様々な業界やサービスについても目を向けておくことで、多くの情報が頭の中で結びつき、ユーザに受け入れられるゲームの企画がたてやすくなります。年収を意識するのであれば、ユーザに使ってもらえるサービスを作る必要があるので、世の中で何が求められているのか?ということは知っておいて損はないでしょう。

年収が高いゲームディレクターは何をしている?

では、高い年収を得ているゲームディレクターは何をしているのか見ていきましょう。

ゲームディレクターの平均年収

まずはゲームディレクターの平均年収について少し解説します。ディレクター職はプロジェクトの中心です。仕事の量も多いですし、チームをしっかりとまとめなければいけません。しかし、実は最初の5年程度は300~400万円前後が平均年収になってます。

仕事の量などを考えると少し少ないと感じるかもしれませんが、他の会社と同じで基本的には経験年数によって上がっていきます(※ゲーム会社による)。ただし、それと同時にゲーム業界は実力社会でもあります。チームが完成させたゲームが大ヒットすればディレクターとしての評価も一気に上がって、それに比例して年収も増えるでしょう。中には1000万を越す人もいますよ。

年収を高くするには

答えだけ言ってしまうと『ヒット作』を作るという事です。しかし、簡単にヒット作は作れません。そこで大切になってくるのが、ヒット作を作るための情報収集や、ゲーム業界がどう変わっていくかを見極める力、チームとの円滑なコミュニケーションが取れるようにする、など様々な努力が必要となります。

たとえば、最近流行っているのはPS4などの据え置き機よりもスマートフォンなどによるソーシャルゲーム(ソシャゲ)です。人気のアニメやゲームをソシャゲとして配信する事によって登録者数も増えますし、そのゲーム限定の衣装などを制作すれば、さらに利用者が増えます。

どのアニメをソシャゲとして開発するか、自分達のゲームにしかないメリットを何にするか、現在の人気ジャンルは何なのか、などを瞬時に見極める事がヒットへの第一歩です。他の企業に権利を持っていかれないために、スピーディーに動けるセンスも欲しいところです。

このように、ヒット作を出す努力をしていけば自然に自分の能力も上がっていきます。そして、いつか大ヒット作を制作したゲームディレクターとして会社から感謝される日が来るかもしれませんよ。